クセ毛は割り切りが大切

クセ毛は割り切りが大切

僕は昔からひどいクセ毛に悩まされてきました。特に思春期は、周囲の友達たちが髪型を色々変えるなど、
髪のオシャレを満喫している中、クセ毛の私にはそういったことは無縁のものでした。

 

一度、高校生の頃に、オシャレしたい思いで、クセ毛のうえからパーマをかけたことがあったのですが、
いつもの「クセ毛+パーマ」でもうどうしようもない髪型になってしまいました。

 

友達からは大仏というあだ名をつけられからかわれる毎日でした。
そんな毎日を過ごしてきた私ですが、30代を過ぎたころからクセ毛が落ち着き、
また、オシャレなパーマとも見えなくもない程度に髪型が落ち付きはじめました。

 

以来、昔ほど自分のクセ毛が気にならなくなり、それどころか気に入ってきました。
ここまで来て思うことは、クセ毛は割り切って諦めてしまえば、それほど悪いものではないということです。

 

周囲に耳を傾けると、確かにからかわれた時期もありましたが、中には私のクセ毛を羨ましく思っていた人もいるようです。
そういうことからも、クセ毛を受け入れてしまえば、これはこれで有りがたいものなんだなぁと思います。